人生を楽しくする「まちゅブログ」はここをクリック

【簡単!】STORK19(ストーク)でheadタグ内にコードを貼る方法

スポンサーリンク

みんなの声
たまに外部ツールと連携する時とか、「headタグ内に〇〇と書いてください」とか言われるけど意味わからん。

 

今回はこのような疑問を解決します。

 

>>本記事でわかること
  • STORK19でheadタグ内にコードを追加する方法(STORK19なら知識もいらず超簡単)

 

まちゅ
どうも、まちゅです!

 

まちゅ
この記事では、STORK19を利用しているサイトのheadタグ内にコード等を貼り付ける方法を解説します!

 

特に、Google Adsenseの審査用コードはheadタグ内に貼り付けなければなりません。

 

ブログ初心者には「headタグ?わけわからん!」って感じです。

 

しかし僕のようにSTORK19
を使用している人は、難しい作業ナシでheadタグ内にコードを貼り付けられますので、

 

STORK19のテーマを使っていて「アドセンスに審査申請したい」と考えている人はぜひ参考にしてみてください!

 

スポンサーリンク

STORK19のheadタグにコードを追加する

headタグにコードを追加

一般的な方法として、

テーマエディターから親テーマのheader.phpに直接貼り付けるという方法があります。

 

まちゅ
僕も昔cocoonを使っている時、この方法でアドセンスに審査申請をしました。

しっかり申請出来たので、この方法でも何も問題はありません。

 

しかしheader.phpに直接コードを貼り付ける作業は、初心者には難しいし、何となく怖いです。

 

「ここ貼っても大丈夫なのかな。。」と心配になります。

 

STORK19のテーマでは、

初心者でも簡単にコードが貼れちゃう方法があるので紹介しますね!

 

headタグのカスタマイズ画面へ

まずはWordPress管理画面にて、

【外観】→【カスタマイズ】の順にクリックします。

 

管理画面

 

次に、

【>アクセス解析コード・headタグ】

の項目をクリックします!

 

カスタマイズ画面

 

headタグ内にコードを入力する

まちゅ
あとは超簡単です!

 

<head>タグ内という項目にコードを貼り付けるだけです!

 

まちゅ
ほとんどの人はアドセンスの審査用コードを貼りたいと思うので、それをここに貼ればOKです!

 

headタグ内

 

これでheadタグ内にコードを入力する事が出来ました!

 

最後に忘れずに「公開」をクリックしておきましょう!

 

まとめ:STORK19でheadタグ内にコードを貼る方法

まとめ

お疲れ様でした!

 

これで無事にheadタグ内にコードを貼れました!

 

テーマエディターで直接貼るという方法でも全然OKだと思いますが、

STORK19のテーマを使っているなら、カスタマイズ機能で簡単に貼ってしまいたいところですね!

 

 

それでは今回はこれで!

 

バイチャ(^^)/

 

 

 

スポンサーリンク