人生を楽しくする「まちゅブログ」はここをクリック

WordPressブログをBackWPupで安全にバックアップする方法

スポンサーリンク

みんなの声
サイトがもしいきなり壊れたりしたらどうしよう。なんかいいバックアップ方法ある?

 

今回はこのような疑問を解決します。

 

>>本記事でわかること
  • バックアップしておく理由
  • サイトをバックアップできるプラグインBackWPupの使い方

 

まちゅ
どうも、まちゅです!

 

まちゅ
この記事では、プラグインのBackWPupをインストールして、安全にWordPressブログのバックアップを取る方法を解説していくよ!

 

ブログ運営をしていく中で定期的にバックアップを取っておくことは非常に大切な作業の1つです。

 

ある日突然ブログが真っ白になっていたり、ハッキングされていたりした時に、もしもバックアップを取っていなければ、完全に修復するのが非常に困難になってしまいます。

 

まちゅ
万が一のためにバックアップはしっかり取っておこう!

 

バックアップを取ると言っても、1度設定してしまえば放置してもOKです。

 

サクッとプラグインのBackWPupをインストールして設定してしまいましょう!

 

スポンサーリンク

バックアップを取る前に覚えておく知識

バックアップを取る時の予備知識

予備知識として知っておいて欲しいのですが、

 

WordPressのバックアップを取る時は、実は2種類のバックアップを取っておく必要があります。

 

  1. WordPressファイル(テーマなど)
  2. データベース(記事や設定情報など)

 

この2種類のバックアップがあって初めて、WordPressの完全な復旧が可能です。

 

 

まちゅ
自力でやるならこの作業がなかなか難しい。

 

そこで!!

 

2種類のバックアップを取るなら圧倒的にプラグインがおススメ!

 

2種類のバックアップを安全にかつ定期的に自動で取ってくれます。

 

15分程度で終わるので、この機会にやっちゃいましょう!

 

BackWPupをインストールする

backwpupをインストール

バックアップを取る方法は非常に多くのやり方がありますが、今回はプラグインのBackWPupを使ってバックアップを取る方法を解説していきます。

 

それでは、

【プラグイン】→【新規追加】の順にクリックし、

【BackWPup】と検索してみましょう。

 

BackWPupのプラグインを見つけたら、

【今すぐインストール】をクリックし、【有効化】しておきましょう。

 

プラグイン新規追加

 

これでインストール完了ですね!

 

 

まちゅ
ここからはBackWPupの設定を行いましょう!

 

BackWPupの設定をする

backwpupの設定

BackWPupさえ設定しておけば、バックアップは安心です。

 

このプラグインひとつでバックアップに必要な事が全て済ませられるので非常に簡単で助かります。

 

それではWordPress管理画面にて、

【BackWPup】→【新規ジョブを追加】の順にクリックしましょう。

 

管理画面

 

一般の設定をする

それではまず「一般」の設定を行います。

 

順番に解説していきますね!

 

ジョブ名とジョブタスク

ジョブ名とジョブタスク

 

まちゅ
ジョブ名は分かりやすい名前をつけましょう!

 

ジョブタスクは、

  • データベースのバックアップ
  • ファイルのバックアップ
  • インストール済みプラグイン一覧

にチェックしましょう。

 

この3つにチェックしておけば、復旧に必要なファイルがすべてバックアップ出来ます。

 

バックアップファイルの作成

ここではアーカイブ名とアーカイブ形式を設定出来ます。

 

アーカイブ名とアーカイブ形式

 

アーカイブ名は、何も手を加えずにデフォルトのままにしておきましょう。

 

アーカイブ形式は、

  • windows使用なら「郵便番号」を選択
  • Mac使用なら「Tar GZip」を選択

 

(※ちなみに郵便番号と訳されているが、「郵便番号」というのは、Zip形式の事です。)

 

ジョブの宛先

ここではバックアップファイルの保存方法を選択できます。

 

バックアップファイルの保存方法

 

様々な保存先が並んでいますが、

 

とりあえず「フォルダーへバックアップ」でOK。

 

まちゅ
これを選択しておくと、自社サーバーへとバックアップファイルが保存されます。

 

ログファイル

ログファイル

 

  • ログの送信先メールアドレス
  • メールの送信元

はデフォルトで管理者メールアドレスが表示されています。

 

まちゅ
そのままデフォルトのままでOKです!

 

あとはエラーが発生した時にメールが届くようにチェックをしておき、

 

最後に【変更を保存】をクリックしましょう!

 

まちゅ
これで一般設定は終わりです!

 

予約投稿の設定をする

ここでは予約投稿の設定が出来ます。

 

言うなればバックアップのスケジュールを決めることが出来ます。

 

まちゅ
何日何時何分に自動バックアップを行おうか

 

自分のお好みでスケジュールを立てられます。

 

ジョブスケジュール

ジョブスケジュール

 

ジョブスケジュールは、

【WordPressのcron】にチェックしておくだけでOKです。

 

これにチェックしておくことで自動バックアップが可能になります!

 

実行時間をスケジュール

実行時間のスケジュール

 

自動バックアップのスケジュールを決めていきます。

 

スケジューラーの種類は、【基本】のままでOK。

 

迷うところがスケジューラーですが、

 

まちゅ
僕のオススメとしては、

毎週日曜日4時0分がオススメです!

 

毎日ブログを書く人は、毎日バックアップを取った方がいいかもしれませんが、

 

僕のように週3,4記事の人は毎週1回のバックアップで良いと思います。

 

時間を日曜日4時に設定しているのは、

 

訪問者のアクセスが少なく、自分が作業しない時間帯だからです。

 

まぁ最終的には、自分のサイトと相談してスケジュールを決めてみましょう!

 

まちゅ
これで予約投稿の設定は完了です!

 

【変更を保存】のクリックを忘れずに!

 

DBバックアップの設定をする

まちゅ
ここは基本的にデフォルトでOK!

 

ですが1か所だけ忘れずにチェックしておきましょう!

 

DBバックアップ設定

 

バックアップファイルの圧縮にて、

【GZip】を選択しましょう。

 

まちゅ
これでDBバックアップの設定は完了です!

 

忘れずに【変更を保存】をクリック!

 

ファイルの設定をする

ここではバックアップする際に除外するコンテンツを選択し設定できます。

 

バックアップファイルの設定

 

「これはいらないかなー」

と思うコンテンツにチェックしておけば、バックアップの内容から除外できるという事ですね!

 

特にこだわりが無ければデフォルトのままでOKです。

 

まちゅ
というか僕もデフォルトのままです。笑

 

プラグインの設定をする

プラグインの設定

 

プラグイン一覧のファイル名には、デフォルトでファイル名が入っているのでそのままでOKです。

 

ファイルの圧縮は、どちらでも構わないですが、ファイルサイズもそこまで大きくないと思われるので、【なし】にチェックして大丈夫でしょう。

 

あとは忘れずに【変更を保存】をクリックしましょう!

 

宛先:フォルダーの設定をする

ここでは、

バックアップファイルをいくつ保存しておくか。

という設定を行えます。

 

フォルダーの設定

 

フォルダー内に保持するファイルの数を任意で決められます。

 

まちゅ
ちなみに僕は5つに設定しています。

 

この場合、最新のバックアップファイル5つを残し、古いファイルから削除されていくという事になりますね!

 

フォルダー内に保持するファイルの数を入力したら、

忘れずに【変更を保存】をクリック!

 

ジョブを確認する

まちゅ
これでジョブの設定が全て完了しました!

 

今後は設定した内容で自動的にバックアップが行われます。

 

一応、設定したジョブを確認してみましょう!

 

WordPress管理画面にて、

【BackWPup】→【ジョブ】の順にクリックしましょう。

 

管理画面からジョブを選択

 

設定したバックアップのジョブが表示されます。

 

次回の実行日などが確認できます。

 

まちゅ
ジョブの設定を変更したい時もここから行えます!

 

もしも修正するべき設定がある時は、

ジョブタイトルのすぐ下の「編集」をクリックすればOK!

 

ジョブ一覧

 

今すぐ手動でバックアップを取る

手動でバックアップする方法

自動バックアップの設定は完了しましたが、

 

手動でバックアップを取る方法も覚えておきましょう!

 

まちゅ
最高傑作の記事を書いた後とかって、すぐにでもバックアップを取っておきたいですよね!

 

そんな時のために手動バックアップもやっぱり必要になってくるんですよね。

 

簡単なので、サクサクっと解説します!

 

ジョブタイトルのすぐ下の「今すぐ実行」をクリック!

 

ジョブを今すぐ実行

 

クリックしたら、すぐにバックアップが始まります。

 

ジョブ完了の表示がされたら、バックアップ完了です!

 

ジョブ完了

 

これで終わりです!

 

まちゅ
手動バックアップ楽勝でしたね!

 

バックアップファイルを確認する

バックアップファイルを確認する

手動自動問わず、過去に取ったバックアップファイルは、

【BackWPup】→【ログ】で確認出来ます。

 

バックアップログ

 

  • バックアップの日時
  • バックアップのサイズと内容
  • バックアップが正常に終了したか

などなど確認できます。

 

ついでにここでバックアップファイルのダウンロードも行えますよ!

 

まとめ:WordPressデータをBackWPupで安全にバックアップする方法

まとめ

お疲れさまでした。

 

以上でBackWPupでバックアップする方法でした。

 

バックアップを取ることはブログ運営をしていく中で非常に重要です。

 

しかし設定が面倒でバックアップを取っていない人が結構いるらしいという話を聞き、慌てて記事を書いてみました。

 

少しでもリスクを減らして、安心してブログ運営していきましょう!

 

 

それでは今回はこれで!

 

バイチャ(^^)/

 

スポンサーリンク